ガル探偵学校 新宿本校

歌舞伎町にあるガルエージェンシー探偵学校 新宿校にいってみた!

『歌舞伎町』と聞くと、私は大好きなアニメの『銀魂』を思い出します。が、一旦銀さんを忘れて探偵学校についてお話します(笑)
探偵学校と聞いて、実際の探偵について知識がほぼない私は、【THE探偵】みたいな妄想を膨らませていました。例えば、、、

独特の空気感漂う空間
少し薄暗い
精密機器たくさんある
特殊な機材たくさんある
ジュラルミンのスーツケースが何個も保管されてる
スーツ姿に真っ黒なサングラスでハットを被り革の手袋の講師、生徒がいる
ルーペ持ちマスト

みたいな場所と人物のいるところだと、わくわくプラス未知の怖さを抱きつつ出かけました。

到着して、「普通」の塾みたい。と逆にびっくりでした。



本当によく目にする普通の場所で、必要最低限のものしかない明るい室内に、ごくごく一般的なラフな服装の、むしろ優しい口調の講師さんに出迎えてもらい、何度『思ってたのと違う』と頭に浮かんだことかです。私の見学に行った当日は若くて可愛らしい女性の生徒さんが授業を受けていました。

探偵業務に関する法律や必要な知識が学べるそうです。あと探偵は風景となれとも教わるみたいです。

尾行実習という講師をひたすら尾行追跡して報告書にまとめる授業もあるそうです。スパイ気分でわくわくしそうです。

それから、たくさんのビデオカメラがありました。証拠となる映像を撮影するものですね。

アングルであったり、タイミング、必要なサイズ感も学べるみたいです。探偵の撮影って、ご依頼主様に状況や証拠となる画をいかに正確に分かりやす伝えるかが大事なので、調査の1番の要かもしれないなと感じました。

それをもとに報告書ができ、ご依頼主様の悩みや、不安を解決する事に繋がっていくので、自己満足な画ではなく、客観的に誰もが分かる画を、追跡しながら撮影するって本当に大変ですね。尾行がまずバレないが大前提にあるんですもんね。

フットワークよく、周りの状況をみながら、風景になりながら、対象者を見逃さないように、次の動きも考えつつ、カメラ回して、状況の分かるアングルや場所が分かる引き画や、看板、建物などの目印も確認して、、、妄想だけでも頭フル回転です。くたくたです。現役探偵に次回は苦労話や、仰天エピソードも聞いてみたいと思いました!

探偵学校に話を戻します!(笑)私の待望のジュラルミンケースありました!中身は受信機!盗聴発見器でした。カッコいいけどほぼ使わないそうです。あとデモンストレーション的な、眼鏡型カメラ、ペン型カメラもありました。スパイ感出てきて楽しい機材です。

探偵学校 新宿校の見学は、思っていた感じとは違いましたが、すごく楽しかったです。私の文章力ではうまく伝えきれない事が残念過ぎます。とにかく百聞は一見に如かずでした。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

asami

総合探偵社ガルエージェンシー広報アサミです!お困りのことがありましたら、まずはガルエージェンシーにお気軽にご連絡下さい。ご相談、お見積もりは無料です。

-ガル探偵学校 新宿本校

© 2021 探偵になるなら「ガル探偵学校」|日本初の探偵育成専門学校